Twitterのセンシティブを解除しても見れない!表示されない時の対処法!

Twitterの投稿でツイートの内容を見ることができない場合があります。

センシティブな内容が含まれている可能性のあるツイートです

この表示を目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

センシティブな内容って何?と気になるし、

見れないと余計に見たくなってしまうものですよね!

そこでこの記事では

  • twitterのセンシティブな内容とは?
  • twitterのセンシティブな内容の表示を解除する方法
  • twitterのセンシティブな内容が解除できない時の対処法

などについて解説していきます。

目次

Twitterのセンシティブな内容とは?

Twitterで定められている「センシティブな内容」にはいくつかあります。

  • グロテスクなものや暴力的なもの
  • 成人向けのコンテンツなど

が該当します。

投稿されたツイートにこういった内容が含まれていると判断された場合に

警告メッセージが表示され、ツイート内容を見ることができなくなります。

また、Twitterの判断だけではなく、

  • 他のユーザーから通報された場合
  • 投稿者が自分のツイートをセンシティブなものとして設定している場合

にもこの警告メッセージが表示されます。

AndroidやPCでは、センシティブな内容が含まれていると思われる画像・動画のみが表示されなくなりますが、

iphoneの場合は、そのツイート内容すべてを見ることができなくなります。

Twitterとしては、「目にしたくないユーザーもいるであろう」という認識でツイート内容を見ることができないようになっていますが、この警告を解除してツイートを見てみると普通の内容であったということも多いです。

Twitterのセンシティブの解除はどこ?

センシティブの解除手順は、iphone、Android、PC、それぞれ異なります。

iphoneの場合

センシティブの解除にあたって、一番悩まされているのはiphoneユーザーではないでしょうか。

iphoneでこのセンシティブを解除するには、Twitterアプリではなく、ブラウザ版のTwitterで設定をしなければなりません。

設定は以下の手順で行います。

1.センシティブの警告メッセージ内の「設定を変更」でブラウザ版にログイン

2.「設定とプライバシー」「プライバシーと安全」「表示するコンテンツ」

3.「センシティブな内容を含む可能性のあるメディアを表示する」にチェック

この設定を終え、Twitterのアプリを再起動すると、センシティブな内容が含まれている可能性のあるツイートも見ることができるようになります!

アプリ版

ブラウザ版

上の画像のように、Twitterアプリでは、「センシティブな内容を含む可能性のあるメディアを表示する」の項目がありません。

Androidの場合

Androidの場合は、警告メッセージ内に「表示する」ボタンと、「センシティブな画像/動画を表示」ボタンがあります。

「表示する」ボタンをタップするとそのツイートに限り、画像・動画を表示させ、「センシティブな画像/動画を表示」ボタンをタップするとセンシティブの解除の設定が行われ、以降すべてのツイートで画像・動画が表示されるようになります。

また、メニュー画面から設定することもでき、以下の手順で行います。

「設定とプライバシー」「プライバシーと安全」「表示するコンテンツ」→「センシティブな内容を含む可能性のあるメディアを表示する」を有効にする

PCの場合

PCの場合は、警告メッセージ内に「表示」ボタンと、「設定を変更」ボタンがあります。

「表示」ボタンをクリックするとそのツイートに限り、画像・動画を表示させることができ、「設定を変更」ボタンをクリックすると設定画面に移るので、「センシティブな内容を含む可能性のあるメディアを表示する」にチェックを入れるとセンシティブを解除することができます。

英語表記になってしまう場合

どういうわけか、設定の変更にあたって画面が移り変わった際に、英語表記になってしまう場合があるようです。

そうなってしまっても以下の手順で設定を変更することができます。

「Privacy and safety」→「Content you see」→「Display media that may contain sensitive content」にチェックを入れる

Twitterのセンシティブを解除しても見れない!表示されない時の対処法!

1.Twitterアプリを再起動する

iphoneの場合、ブラウザ版で解除するので、設定後すぐにアプリ版に戻っても設定が反映されていないため、一度アプリを閉じて再起動しましょう。

2.反映に時間がかかっている

センシティブの解除をしても、設定の反映に時間がかかる場合もあるようなので、時間を置いて再度確認してみましょう。

3.設定するアカウントを間違えている

Twitterアカウントを複数持っている場合、設定するアカウントを間違えている可能性があります。

iphoneで設定する場合は、ブラウザ版にログインする際に、解除したいアカウントであるかしっかりと確認しましょう。

4.登録アカウントが18歳未満・生年月日未登録

表示できる場合もあるようですが、アカウントの登録が18歳未満か生年月日を登録していないと閲覧が制限される場合があります。

5.その他

iphone本体の再起動やiOSTwitterアプリのアップデートをすると不具合が解消する場合があります。

まとめ

問題は解決したでしょうか?要点をまとめると、

  • 「センシティブな内容」とは、グロテスク・暴力的・成人向けのコンテンツ
  • iphoneでの設定はアプリではなくブラウザ版で行う
  • Android・PCでは、警告メッセージ内のボタンから表示・設定が可能

多くのiphoneユーザーがこのセンシティブの解除にあたって、Twitterアプリ内をさまよっているようです。

アプリ内では設定はできないので、ブラウザ版で行いましょう!

また、ブラウザ版Twitterにログインできない場合は、アプリ内でパスワードを再設定しましょう!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次